よくいわれるインプラントのメリ

よくいわれるインプラントのメリットですが、仮歯を入れた後、義歯だとわかることはたぶんないでしょう。
見た目からしても、自分の歯のように自然な印象を与えるので他の人に自分から言う必要もないので義歯だと気づかれることもほとんどありません。前歯など、自然に見せたい歯の場合はこの治療方法を選ぶべきでしょう。
インプラント治療が適用されるケースとして、失った歯だけの治療で済ませたいと、患者が考えている場合です。ブリッジ治療を例に取ると、ブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので該当する歯の分だけ治療することになります。両隣の歯は健常なので、削りたくないと考えている患者さんには、インプラント治療を考えた方が良いですね。
高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ自分の歯と同じくらい保たせることが可能とされています。とすれば、普段のメンテナンス次第で長い間自分の歯と同じように使えますが、ケアが十分でなければ維持できなくなる異常も起こりうると思ってください。
一口にインプラント治療といっても、大きな3つの関門があります。
一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるという流れは皆さん変わりません。
人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、もちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。
仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。
全てのインプラント患者にとって、治療費の高さは重要な問題ですね。
実際のところ、費用の総額は歯科医院それぞれで相当な開きがあります。インプラント治療はほとんど自由診療のため、費用を自由に設定できるのです。
それでも、相場はあると言えます。
インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが相場だと押さえておきましょう。
インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってお手入れを必要としないと思ったら大間違いです。
インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。
自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。
歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので万が一、人工歯根があごの骨に定着せずインプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば普通は再手術しか手段はなく、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。埋入するのもリスクがあって、埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。
インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、アレルギーの発症例も少なくなっています。
インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体のいろいろな検査を実施し、その結果を見て治療に取りかかるため安全性を確認しながら治療を受けられます。
そして、治療終了後のメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全性や快適性は長期にわたって確保されます。
ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けてのごく一般的なインプラント治療でも、当然、院内感染のリスクはゼロではありません。
いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが大事だと心得てください。院内感染防止の対策をホームページ上で公開している歯科医院もごく普通になっているので、あれば必ず見ておきましょう。
どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。
独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医の腕次第で大きく違ってくると言うべきです。
この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法だということを理解してください。
歯科医選びに全力を尽くすことがインプラント治療の結果を左右するのです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ