手術によって、人工物であるインプラントを体内に

手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので埋入手術後はどの患者さんも違和感を生じるのが当たり前の反応です。
腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないようにじっと耐えてください。
ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、早急に適切な対応をしなくてはなりません。指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとして失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであれば決してあきらめる必要はありません。
最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すればかなり困難なケースでも相当数が治療できるようになってきました。現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で探すことを勧めます。インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。それからも歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならずその費用もみておかなければなりません。使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで歯科医に診てもらうことになります。
定期検診を受ける費用は基本的に保険が適用されるのでたいていは三千円程度に収まります。
特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の維持費を見込んでおいてください。
歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、いわゆるインプラントの値段治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。
ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。
治療後、一見した感じでは、ほとんどの場合、インプラントが優るというべきでしょう。
ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという辛い面があります。長い期間と費用をかけたインプラント治療は、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。デンタルケアを欠かさないことが重要です。
日頃から丁寧に歯みがきを行い、完璧なプラークコントロールが必要で、自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることを続けなければなりません。人工物のインプラントでも、普段のケアができなくなるといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントはそれによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーの原因となることはほとんどない素材を使って作られているためです。
インプラントの値段治療に保険が適用されることはまずありません。
ほぼ全額自費とみるべきです。
ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのがベストだと思います。
この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、全身麻酔になることはほとんどありません。
ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。
加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。
腸骨など自家骨の移植手術であれば入院して手術するケースも実際にあります。
自分が当てはまるという方は、長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。
忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にインプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。
特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まず既往症を完全に治しておく問題が生じます。さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんもインプラント治療のリスクが増大します。ただし、これらの既往症があっても治療の可能性はゼロにはならないのでまずは歯科医に全て話しておきましょう。インプラント手術の未経験者にとってどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。
今では、どこで手術を受けても強い痛みを感じることはないと思ってください。
局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから埋入手術を始めるためです。麻酔が切れれば、処置の仕方によって痛くなってくることもあります。
痛みに備えて、頓服薬を処方されるので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。
残念ながら、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。
しかし、医療費控除の対象ではあります。手間はかかりますが、年一回の確定申告によって収入から医療費を控除されます。
確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医で発行した領収書は医療費の支払い証明になるのでもらったものはしっかり取っておいて他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ