最近よく耳にするインプラントは、歯を抜いた、あ

最近よく耳にするインプラントは、歯を抜いた、あるいは抜けた後で、代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので噛んだときの感じも自分の歯に近く、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。
現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療費が高額になることは問題点です。インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。この治療は他の歯科治療と比べても高額です。
保険適用の可能性もゼロではありませんが、一般的なケースではなく、検査など、治療の一部しか保険がきかないのが負担が大きくなる原因です。
安い材質、安い治療で済ませても十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとするとその数倍の出費もあることを覚悟した上で始めなければなりません。
多くのメリットを知られるインプラント治療。でも、マイナスの部分も理解しておきましょう。まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。高くついた場合、数十万円にもなることも珍しくありません。
それから、治療が失敗すると、場合によってはかなり深刻な問題が起こることもあるという重大な問題もあります。
本当に深刻な例では、治療によって死亡したケースもありました。
インプラントの特長として、噛んだときに安定しており、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、けっこう大事なメリットの一つです。
自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れるのではと心配する必要はありません。
骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに強度を備えています。
キシリトールガムも、問題なく楽しめます。長年放っておいた虫歯があり、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。
このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、インプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されてインプラント治療に決めました。自費診療なので、かなりの額になりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。
手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん噛んだときの違和感がなくなってきたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。トータルで30万円から40万円と考えてください。地域によってかなり料金は異なります。
また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も治療費には大きな開きがあります。
事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、治療を始めても、決して遅くありません。
ここで重視すべきなのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、クレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療も様々な点で、失敗が起きる可能性があります。
失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといったインプラント本体に関わる問題、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目を損なってしまう問題もあります。リスクをできるだけ減らすためにはくれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。
どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。
インプラント以外の治療はできないという患者さんが受ける治療です。周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラントしかないとされる患者さんが多いでしょう。インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、より自然な噛み心地を得られるため食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。
インプラント治療による危険性を聞いたことがあると思います。問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるといった話を聞いた方もいるでしょう。
でも、気にしなくて良いです。確かに、MRI検査では磁気を使うので身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。
ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、検査には問題ないのです。
インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。
今後もおそらく保険はきかないでしょう。
なぜならインプラントを入れるという一連の治療は保険が適用されるブリッジ、入れ歯などよりコストがかかり、設備や技術も要するからです。
あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、時間に見合った医療費がかかります。
もしこの治療が保険適用だったら、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ