残念ながら、インプラント治療はほとんど

残念ながら、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。ただし、問題なく医療費控除を受けられます。確定申告することではじめて、医療費控除の対象になり治療費を収入から引くことができます。
確定申告をするときの注意点として歯科医で発行した領収書は医療費の支払い証明になるので絶対再発行されないと肝に銘じておき、暦年で申告することになるので、保管しておいてください。
欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。インプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。
ですから、見た目を考えればブリッジよりインプラントの方が高い評価を得るでしょう。
先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという辛さもあるのです。義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんからその費用もみておかなければなりません。
使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診を受けるように言われます。この定期検診に必要なお金は基本的に保険が適用されるのでたいていは三千円程度に収まります。従って、年間1、2万円くらいの維持費を見込んでおいてください。インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を生じるのが当たり前の反応です。
腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないようここはぐっと我慢してください。
十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、その原因を究明し、対応することが求められます。こうなれば我慢は必要ありません。
すぐに診療を受けましょう。せっかく完了したインプラント治療も治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、アフターケアが寿命を決定します。
食後の丁寧な歯みがきによるいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、インプラントの値段だけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが欠かせません。人工物のインプラントでも、普段のケアができなくなるといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を使って作られているためです。ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、全額自費と考えてください。
余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくとベストだと思います。普通、インプラント埋入手術は日帰りです。
部分麻酔を使うため、入院する必要はまずありません。ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院設備が整ったところで手術する必要もあります。
また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。
自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。自分が当てはまるという方は、信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。
インプラント手術の未経験者にとってどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。どこの歯科医の手術でも、大して痛くないのが普通です。切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術するのが普通だからです。
麻酔が切れれば、処置の仕方によって痛くなってくることもあります。
頓服の痛み止めが処方されるため長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。
歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとして検査の段階で断られることもあります。
けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであれば決してあきらめる必要はありません。最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療可能になっています。
通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を十分調べてください。もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にそちらの病気を完全に治すことを忘れないでください。美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も治療にかなりの危険が伴います。
今は、このような病歴があるからといって治療の可能性はゼロにはならないので歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ